よくある質問

Q1.どのくらい通院が必要ですか?

施術を受けられるお客様全てが同じではなく、人それぞれ症状の重さや発症されてからの期間、年齢、生活習慣等によって異なると思われます。

姿勢からの異常について云えば、一回の施術で良くなっても脳が長年に渡って染みついた癖による姿勢が良い姿勢であるかのように記憶され、今までの様なお客様に取って歪のある姿勢(楽な姿勢)に戻ろうと働きます。

そこで、施術後の症状が緩和された姿勢が本人に取って良い姿勢であることを脳が認識し、癖の原因である日常の行動パターンが考えること無に変化してくるまでは継続して施術を受けることをお勧めします。

通常、週に一回の施術を四回受けて頂き、その後二週に一回の割に四回の施術を受けられると体、体調ともに変化し、本人様は勿論のこと、ご家族、職場の方達からも姿勢の変化を指摘される様になります。

その後月に一回でも継続して施術を受けて頂くことで、他人から姿勢について称賛されるようになり、実生活や仕事にもプラスに働き、張り合いのある毎日を手に入れることになります。

Q2.施術は痛くありませんか?

施術法はさまざまな手法(身体均整法、気功、気導術、筋膜リリース、操体法、ポラリテーセラピーその他の操法)を駆使し痛みの無い操法を行います。

施術前の指標として皮膚、筋肉の塊を圧した時の痛み、関節可動閾の痛みの度合いを感じて頂くことはあります。

痛刺激をわざわざ入れて、体の変化を促す方法も中には存在しますが、それとて稀なことでその時には予め説明した後行います。

施術中、痛みがある場合にはその都度言ってもらって結構ですので、遠慮なくお申し出下さい。他の施術方法をその場で変更していきますので、ご安心下さい。

なお、身体均整法の中には十二種体系操縦法、骨格操縦法、経絡操縦法、筋肉操縦法小児操法、老人操法、自他動操法等々の操法があります。

詳しくは身体均整師会ホームページをご覧下さい。

Q3.どんな服装で行けばいいですか? 

普段着で結構ですが、なるべく柔らかい生地の衣服でボタンの少ないものが有難いです。

しかし、スカートは禁止です。ズボンまたはトレーニングパンツでの恰好がベストです。

更衣室がありますので、こちらで履き替えて頂ければ幸いです。

また、ズボンの替えが無い方はお申し下されれば、お貸しますので宜しくお願いします。

施術前には衣服のポケットの中にある物は全て出して頂くと共に時計、ブレスレット、ミサンガ、等を予め外しておいて下さい。

カツラまたはウイッグ着用のお客様は予め着脱しておいて下さい。

Q4.治療後気を付けたほうがいいことはありますか? 

施術直後においては体の変化と脳の認識のズレがありますので、運動や強いを刺激を体に与える行動は控えて下さい。

施術で受けた刺激がじんわりと体内に浸透するよう、できれば心と体がゆったりとなれる環境でお過ごしになることがベストと考えます。

Q5.日常生活での注意点はありますか?

長く同じ姿勢を保つこと無く合間合間に体位変換をすることをお勧めします。

通常使わない筋肉を使用する行動を日常生活に取り入れることをお勧めします。たとえば、何時もカバンを右肩に掛けていたのであれば、たまには左肩に掛ける。たまに後ろ向きで歩く、右に捻じる生活の人はたまには左に捻じる等。

左右どちらかに固定したTVを見ながら食事をしたり、パソコンを見下げたり、見上げたりする位置で生活している方は体の正面で目線が真っ直ぐになる位置に変更して生活しましょう。

重い頭を下げてスマホを長時間見る姿勢での生活を最小限の時間にしましょう。

バランスの良い食生活と運動を心がけましょう。